ニキビ治療

重症ニキビ治療中の自宅ケアについて。イオン導入のすすめ

イオン導入

MIYA

こんにちはMIYAです。

僕は約8年間、重症ニキビとニキビ跡で悩んでいました。


しかし、メディアージュクリニックで行った治療で、ほとんど治すことができました。

その際行った治療は「PDT」と「IPL」というと治療です。

それで、治療期間中は「PDT」と「IPL」の治療効果をより高めるために、自宅で「イオン導入」というケアをしていました。

今回は僕が自宅で行っていた「イオン導入」について解説していきたいと思います。

イオン導入とは?

イオン導入。

ニキビで悩む方は、一度は聞いたことがあるかもしれません。

以下、イオン導入説明文。

イオン導入は、微弱な電流を用いて有効成分を肌の深部にまで届ける治療です。
肌表面にはバリア機能があるため、有効成分を塗布するだけでは皮膚の深部まで浸透させることはできません。イオン導入は微弱な電流を流すことで、より深くより多く、肌の奥まで浸透させていきます。


美肌の有効成分を基底層、真皮層まで浸透させて、活性酸素の除去、メラニン色素の排出や抑制、色素沈着の改善、ニキビ・ニキビ痕の改善、ハリやキメを改善するエラスチンやコラーゲンの産生などに高い効果を発揮します。
ケミカルピーリングや美肌レーザー治療後の肌は、肌代謝が活発になっており、肌細胞にはたくさんの栄養が必要になります。レーザー治療によって肌の内側ではコラーゲンやエラスチンを大量に産生し、メラニン色素をより早く排出しようとしている状態ですが、栄養素が十分にたりていないとこれらをきちんと行うことができなくなってしまう場合もあるのです。

引用元:https://mediage-osaka.jp/menu/ion/

メゾンくん

もっと簡単に説明して!

簡単に説明すると

どんなに良い化粧水や美容液を使っても、肌のバリア機能によって皮膚の深いところまでは効果が届きません

その上、ニキビは肌の深いところまで炎症を起こす皮膚の病気なので、化粧水や美容液は肌の奥深くまで届かないと意味をなさないんです。

そこで「イオン導入」の登場です。

イオン導入は微弱な電流を流し、肌のバリア機能を通り抜けて皮膚の奥の方まで有効成分を届けることができる治療です。

イオン導入で使用していたアイテム

実際に僕が、イオン導入を行う際に使用していたアイテムをご紹介します。

MIYA

Asoepの日焼け止めである「ハイドレーティングクリーム」以外はメディアージュクリニックで購入したものです。

メディアージュクリニックのオリジナルのアイテムもあるので、メディアージュクリニックで治療をされる際は、市販のモノよりも、メディアージュクリニックで販売しているアイテムの使用をオススメします。

イオン導入機器(イオントフォレーシス機器)

商品自体はスキンロジカルの「ブロードイオン」という名称です。


僕はメディアージュクリニックで「PDT」を初めて行った日に購入しました。

使い方はとても簡単で、専用のマスクに美容液やイオン導入液を浸し、画像のように顔に押し当てて、顔の上半分と下半分に分けて15秒ずつ行うだけで
効率よく栄養を肌の奥まで届けることができます。

ブロードイオンの公式サイトはこちらから

医療用導入液(メディアージュクリニックオリジナル)

ニキビ治療専用のメディアージュクリニックオリジナルのイオン導入液です。

有効成分はビタミンCとアミノ酸、プラセンタ。

ニキビによって変形した毛穴の修復をして、正常な肌にしていく効果があります。


「PDT」治療で皮脂とニキビの原因菌を排出した後はイオン導入で毛穴の広がった隙間に栄養を詰めてあげるイメージです。

毛穴の隙間に栄養がしき詰まることで、皮脂が増えても毛穴に溜まらなくなり、ニキビが再発しにくくなります。

レチノール含有ジェル(メディアージュクリニックオリジナル)

有効成分はビタミンA、ビタミンE、ビフィズス菌。

効果は、ターンオーバー(28日周期で肌が生まれ変わる現象)を促進せさて、毛穴のつまりを改善し、余分な皮脂の排出を促す効果があります。

このジェルは、肌のバリア機能を安定させて、角質や表皮を整えるのでイオン導入液の効果を高める役割をもっています。

強保湿剤(メディアージュクリニックオリジナル)

皮脂の代わりとなる油分をしっかり補うための保湿クリームです。

結構べたべたになるのですが、ニキビ治療中は特に乾燥が大敵なので、しっかり保湿をすることが大事です。

MIYA

本気でニキビ治療するのであれば、乾燥はほんとに注意しましょう。

日焼け止め

重症ニキビを本気で治すのなら、日焼け止めも欠かせません。

僕は最初、メディアージュクリニックのオリジナルの日焼け止め(SPF25)を使っていましたが、途中からAesop(イソップ)の「ハイドレーティングクリーム」に替えました。

Aesop(イソップ)のハイドレーティングクリームはSPF15なのですが、おでこがテカりやすい僕の肌が、全然テカらなくなるのでとても重宝しています。

MIYA

アブラ取り紙をよく使われる方は一度Aesop(イソップ)のハイドレーティングクリームを使ってみてください。

女性は下地にも使えるので、インスタグラムでも使用している女性の方をよく見かけます。

Aesopのフェイシャルハイドレーティングクリーム
Aesopの日焼け止め「フェイシャルハイドレーティングクリーム」テカりも抑えてしっとりが続くAesopの日焼け止め「フェイシャルハイドレーティングクリーム」は、保湿力が高く、しっとりが長続きするのが特徴です。顔がテカりやすい男性には、テカりもだいぶ抑えてくれる優れものです。...

ちなみに日焼け止めの「SPF」と「PA」というのは

  • SPF・・・日焼けを遅らせる効果
  • PA・・・肌の深い所に害をもたらすUV-Aをカットする

という意味があります。

日焼け止めは朝に塗ったものが一日中続くワケではないので、2~3時間おきに塗りなおしましょう。

もし、塗りわすれたり、塗りなおすのが面倒な方は、飲む日焼け止めを使用すると身体の内側から紫外線を防いでくれるのでオススメですよ。

こちらの「ソルプロ」はメディアージュクリニックでも取り扱いがあるのですが、1日1錠内服するタイプで、沖縄の日差しでも日焼けしないと好評です。

まとめ

以上、僕が重症ニキビの治療期間中に行っていた自宅ケア「イオン導入」のご紹介でした。

もし、ニキビ治療を始めたという方は、これらのケアを行うとより効果的です、治療効率もあがります。

メディアージュクリニックに行けないという方は、有効成分が同じ化粧水などを使ってみてはいかがでしょうか。