暮らしを整える

メンタリストDaiGoも使う最新読書法オーディオブック【オススメの活用法も紹介】

オーディブル

こんにちはMIYAです。

メゾンくん

Amazonのオーディオブックって実際どうなの?リアルな声が聞きたいな。

MIYA

そんな疑問にお答えしましょう。

最近、「聴く読書」ができる『オーディオブック』を利用される方が増えています。

オーディオブックとは、イヤホンをして専用のアプリを使用することで、家事や、通勤中など、何か作業をしながらでも本の内容を朗読して聴かせてくれるサービスです。

そして、数あるオーディオブックのサービスの中でもAmazonのAudible(オーディブル)が、読書の質を上げてくれる素晴らしいサービスだったので、ご紹介させていだたきます。

今なら、30日間無料体験+お好きな本を1冊0円で聴くことができます。(退会しても聴くことができます)

ぜひこの機会に最新の読書法「オーディオブック」を体験してみてください。

この記事はこんな方にオススメ
  • なにかいい読書方法が知りたい人
  • オーディオブックに興味がある人
  • オーディオブックの口コミを聞きたい人

Audible(オーディブル)とは?

audible

Audible(オーディブル)とは、Amazonが提供するオーディオブックサービスです。

本を読むのではなく、『聴く』という新しいスタイル。

イヤホンを耳に着けて聴くことで、両手が空くので何か作業しながら聴くことができます。

簡単なサービス内容はこちら

  • 月額1,500円で毎月1つ「コイン」を付与
  • 付与されたコインで、お好きなタイトルを購入
  • 購入したタイトルは退会後もなくならない
  • コインを使い切っても非会員価格の30%オフで購入可能
  • タイトルの返品・交換可能

Audible(オーディブル)がオススメな理由

では、実際使ってみて感じたAudible(オーディブル)のオススメな点をご紹介いたします。

  • 読むよりも断然、頭に内容が入ってくる
  • ちょっとした隙間時間や通勤中に利用できる
  • 朗読の速度を調整できる
  • コインで交換した本を、返品して別の本と交換できる
  • ライトノベルは声優さんが朗読してくれる

では順番に解説していきましょう。

読むよりも断然、頭に内容が入ってくる

Audible(オーディブル)は、プロのナレーターや声優が本の内容を朗読するオーディオブックサービスです。

ギモンに思う人

ほんとに「聴くだけ」で内容が頭に入ってくるの?

とギモンに思う方もいらっしゃることでしょう。

実際にオーディオブックの「聴く読書法」は、脳科学において、本の内容が記憶に結び付きやすいという結果が出ています。

本来、人は読書をする時に

  1. 文字を目で見る
  2. 形・意味などの「文字の情報」を認識する
  3. 文字の情報が音声に変換される
  4. 音声が1つの言葉・文章として処理される

上記のプロセスを繰り返して、脳に記憶させています。

しかし、オーディオブックでは、朗読という形で音声になっているため

①,②のプロセスを飛ばして脳内に処理されるので、スッと頭に入ってきて記憶に残りやすいのです。

ちょっとした隙間時間や通勤中に利用できる

Audible(オーディブル)のオススメな点の2つ目は、「忙しくても、スキマ時間に利用しやすい」という点です。

仕事や家事が忙しくて、読書をしたくても時間がないという方も多いと思います。

「イスに座って、本を準備して読む」という動作が面倒ですもんね。

しかし、Audible(オーディブル)はイヤホンを付けて、アプリを起動し、再生するだけで、本の内容をインプットすることができます。

通勤中や家事をしながら、音楽を聴く感覚で使うことができ、その上ふつうの読書よりも効果的な読書をすることができます。

ちなみに、Audible(オーディブル)を活用できそうなスキマ時間の例がこちらです。

  • 通勤中
  • 食器を洗ったり、洗濯物を干す時など
  • お風呂に浸かっている時
  • 寝る前の数分間に
  • トレーニング中に

Audible(オーディブル)を活用できるタイミングはいくらでもあります。

MIYA

「忙しくて読書がなかなかできない」
という方にこそオススメしたいサービスです。

一度、無料で試してみてはいかがでしょうか。

朗読の速度を調整できる

Audible(オーディブル)は朗読のスピードを1.25倍や2倍、3倍と速くすることができます。

ギモンに思う人

朗読スピードを速くすると、どう効果的なの?

それは、メンタリストDaiGoさんが言っていたのですが、

新しい概念を人に話すときはギリギリついていけるスピードで話をすると、人の頭に内容が入ってきやすいそうです。

オーディオブック daigo

これは、ヒトラーや独裁者たちが好んで使っていた技法だそう。

なので、Audible(オーディブル)でスピードを上げて聴くことで、より内容が頭に入ってくるということです。

コインで交換した本を、返品して別の本と交換できる

このシステムは本当に素晴らしいです。

Audible(オーディブル)って、月額1,500円って正直高いですよね。

しかし、Audible(オーディブル)では、一度コインで交換した本を他の本と交換することができるんです。

最後まで読み終わっててもOKです。

ただ、交換できる回数も限られていて
大体3回~9回くらいです。

その回数が、人によって違うのが気になりますが。。。

でも少なくても3回くらいは交換できるので、活用しない手はありません。

Audible(オーディブル)の公式でも言われてて、裏技とかではありませんのでご安心ください。

ライトノベルは声優さんが朗読してくれる

これは、アニメ好きの方には、とても嬉しいサービスだと思います。

例えば、人気アニメの「この素晴らしい世界に祝福を!」の本では、ヒロイン「アクア」の声優を担当した「雨宮 天」さんが朗読をしてくれます。

この素晴らしい世界に祝福を!

MIYA

めちゃくちゃ癒されます(笑)

ライトノベルで声優さんが朗読してくれる場合は、朗読スピードは速めずにじっくりと聴きたいですね。

Audible(オーディブル)の活用方法

では、僕が普段、どんなふうにAudible(オーディブル)を活用しているのかをご紹介します。

僕自身、Audible(オーディブル)の無料体験を経て、会員登録をし、毎日通勤中に利用しています。

僕の使い方は
通勤中(往復30分)に、朗読スピードを1.5倍速で聴いています。

ちなみにイヤホンはAirPodsProを使用。

AirPodsProについてはこちらをご覧ください^^

AirPods Pro
ワイヤレスイヤホン買うならAirPodsProを選ぶべき理由 MIYA こんにちはMIYAです。 この間、AirPods Proを購入したところ、とても素晴らしいイヤホンだ...

今聴いているのは、デール・カーネギーの名作『人を動かす』です。

デール・カーネギー 人を動かす

この本は、以前に紙の本も購入したのですが、分厚くて、文字も多く、内容が全然入ってこなくて、一度挫折しちゃいました。

しかし、Audible(オーディブル)であれば、不思議とスッと頭に内容がはいってくるんです

朗読時間は10時間くらいあるのですが、毎日30分聴いていれば、20日で聴き終わります。

一度読み終わったら、次は3倍速くらいで聴きます

そうすることで、さらに濃く、本の内容が頭に入ってくるので


しっかりインプットしたい!

という本があれば何度も聴くと効果的です。

通勤中のほかに、時間があるときは、湯船につかりながら聴いたり、ソファにもたれかかって目をつぶりながら聴いています。

デメリット

Audible(オーディブル)にはデメリットもあるのでご紹介します。

  • 月額料金が高い
  • 読みたい本があるとは限らない
  • 本の単品購入が割高

順に解説していきます。

月額料金が高い

まず月額料金の高さです。

月額が1,000円を超えてくると、どうしても高いと思ってしまいますよね。

しかし、お待ちください。

Audible(オーディブル)は

  • 1,500円で一冊はコインと交換できて
  • 全部読み終わっても返品・交換が可能

なので、よくよく考えると、むしろ安いんじゃないかなと今では思います。

MIYA

しかも、本を読むより、効果的な読書方法ですからね

読みたい本があるとは限らない

Audible(オーディブル)が、日本でサービスを開始したのが、2015年の7月からです。

2020年現在での日本語コンテンツの本は1万3000冊程。

増えて続けているとはいえ、まだまだ少ない方だと思います。

好きな著者の本が全てあるわけではないので、会員登録をする前に一度確認してみるといいかも知れません。

本の単品購入が割高

月額の会員になると、毎月1コインが付与され、好きな本と交換ができます

しかし、コインを使い切ると、追加で購入する必要があります。

その際は、会員の方なら30%オフで購入ができます。

しかし、オーディブルは、朗読の人件費や、サービス運営費などがかかっているため、一冊の金額が割高に設定されています。

30%オフでも、紙の本や、電子書籍よりも高いということもあります。

しかしこれは、先ほど説明した「返品・交換」システムを利用すれば、追加料金なしで、別の本の朗読を聴くことができるので、うまく利用すれば解決です!

Amazon Audibleの申し込み方法

Audible(オーディブル)の申し込み方法はとても簡単で

ステップ1

Amazon Audibleの申し込みページを開く。[/st-step]

こちらから
Amazon Audibleの申し込みページを開くことができます。

ステップ2

Amazonでログイン。

Amazonのアカウントをお持ちの方はログインして申し込みにお進みください。

アカウントをお持ちでない方は、アカウントを作る必要がありますが、Amazonのアカウントは「Audible」以外にも使う機会があると思うので、アカウントを持ってて損はないかなと思います

この機会に作っちゃいましょう。

ステップ3

30日無料体験を申し込む。

申し込み完了後、お好きなタイトルを1冊、無料で購入できます。

その後、「Audible」のアプリで朗読を聴いてみてください。

Audible(オーディブル)は、初回1冊目が無料なので自分が欲しい書籍を0円で購入して聴きます。

オススメの本

いざ会員登録をしても、どれを聴くか迷うと思います。

そんな時は、実際の本でも読みやすく、内容が頭に入りやすい本から始めることをオススメします。

自分を操る超集中力 DaiGo

メンタリストDaiGo 自分を操る超集中力

Audible(オーディブル)、オーディオブックの売れ筋ランキング1位の本です。

メンタリストDaiGoの本は、紙の本でもめちゃくちゃ読みやすく、読書に慣れていない方でもスラスラ読めるかと思います。

しかも、脳科学に基づいての主張を述べているので説得力があります。

MIYA

とりあえず迷ったらコレ。

「気が散ってしまい、いつも集中力が続かない」「仕事や勉強で毎日疲れる」

そう思う方必見です。

集中力をアップさせて、一日のパフォーマンスを高める習慣が紹介されています。

その方法を活用することで充実した一日を送ることができます。すぐにでも実践できるところも良かったです。

まとめ

以上、Amazon Audible(オーディブル)の紹介でした。

全く新しい読書方法なので、読書が好きな方も、読書をしたいけど時間がない方にもオススメのサービスです。

百聞は一見に如かずなので、一度、無料で体験してみてはいかがでしょうか?