暮らしを整える

インテリアにもなるオシャレなアートブック6選

インテリアにもなるアートブック
MIYA

こんにちはーMIYAです。

皆さん「アートブック」ってご存じですか?

アートブックとは、とあるデザイナーの方のアートや、インテリアデザインをまとめた本の事です。

その「アートブック」には表紙からオシャレなものが多く、読む以外にも、インテリアとして飾る方もいるほど。

MIYA

飾るだけで、部屋がオシャレな雰囲気になります。

今回は、読んで楽しめるのはもちろん、インテリアとしてもオシャレな「アートブック」をご紹介していきたいと思います。

家に飾れば、部屋のオシャレ度も上がり、気分も上がると思います。

MIYA

部屋に飾ったり、自分のお店に飾ったり、プレゼントとしてもGOODです。

インテリアにもなるオシャレなアートブック6選

ではさっそくご紹介していきましょう。

今回は6つの「アートブック」をご紹介したいと思います。

  • Cabana Anthology
  • John Derian
  • Don’t Take These Drawings Seriously
  • Sar: The Essence Of Indian Design
  • FLOWERS
  • FUTURA:THE TYPEFACE(H) [ . ]

Cabana Anthology

まずは、カバナアンソロジーの写真集。

カバナアンソロジーについては、日本語での説明文がないので、翻訳して引用しています。

カバナアンソロジーは、クラシックとイタリアの美術史に触発された、雰囲気と美学がもたらす魔法について追及していて、人や家族の魂と歴史を反映するために古いものと新しいものを組み合わせたデザインのインテリアです。

引用:https://cabanamagazine.com/products/cabana-anthology

こちらは、とある美容師さんがインテリアとして購入していて、SNSに投稿していたのをきっかけに知りました。

部屋に置いておくだけでも、とても映えるのでお気に入りの一冊です。

MIYA

表紙の柄がとてもオシャレなんですよね。

置いておくだけで運気が上がりそうです。

John Derian(ジョンデリアン)

John Derian(ジョン・デリアン)はNYを代表するデザイナー。

世界中のインテリアショップ、カタログ、ギフトショップで販売している注目のクリエイターです。

ジョンデリアンの作品は「デコパージュ」という、紙をコラージュして、ガラスに糊で張り付ける技法を用いたアイテムが有名です。

アイテムには飾り皿、ランプ、ペーパーウェイトなどのインテリアにもなるものが数多く存在します。

そんな「デコパージュ」に使用された絵や図鑑、教科書からとった図柄をまとめた本が、このアートブックです。

Don’t Take These Drawings Seriously

Don’t Take These Drawings Seriously」は、メンフィス創設者、ナタリー・デュ・パスキエの未発表ドローイング集です。

斬新かつポップなスタイルで、デザインや建築界に多大な影響を与えた「メンフィス」と創設者の一人であるナタリー・デュ・パスキエ。

収録されているのは、パスキエのアトリエに保管されていた未発表のドローイングの数々。

MIYA

この表紙のポップさがオシャレで、とても人気のある一冊です。

Don’t Take These Drawings Seriously: 1981-1987

Sar: The Essence Of Indian Design

 

 

「Sar: The Essence Of Indian Design」はインドの日常風景のなかに根付いた様々なプロダクトを、豊富な写真と、テキストで紹介した作品です。

MIYA

この鮮やかな青色に惹かれて、ついジャケ買いしてしまいました。

FLOWERS

 

 

この写真集はコダックのアナログポジフィルムを使い、一年をかけて撮影した花の写真集です。

四季折々に咲く花の中で、本当によい花に出会えたときにだけ撮影されています。

お花好きにはたまらない、とても価値がある一冊だと思います。

プレゼントとしても喜ばれる一冊なのではないでしょうか。

FUTURA:THE TYPEFACE(H) [ . ]

ドイツのバウハウスにおいて非常勤講師として勤めたパウル・レナーが生み出した書体「FUTURA(フーツラ)」。

ラテン語で未来を意味するこの書体は1927年の誕生当時から現在に至るまで、世界中で活躍しています。

幾何学的な図形をベースにしたフォルム、ほぼ均一な線のコントラスト。洗練された美しい造形が、合理主義・機能主義的といったバウハウスの思想を体現するようでもあります。

ルイ・ヴィトン、フォルクスワーゲン、シュプリームといった企業・ブランドのロゴなどにもFUTURAが用いられており、皆さんも実はよく目にしている書体ではないでしょうか?

まとめ

以上、インテリアにもなるオシャレなオートブックの紹介でした。

本を開けば、おしゃれなデザイン集が見れて楽しめますし、部屋に飾れば、インテリアにもなるアートブック。

一冊買うと、ついたくさん買ってしまいます。

インテリアとして是非アートブックも飾ってみてはいかがでしょうか。