ニキビ治療

ニキビ跡を完治できるIPL治療の効果と体験談

ニキビ跡完治のIPL治療

MIYA

こんにちはMIYAです。

今回は僕の「8年悩んだ重症ニキビが治った治療」の1つ


IPL(アイピーエル)治療」の説明をしていきたいと思います。

ニキビ跡で悩む方は結構多いのではないかと思います。

特に赤茶色のニキビ跡、クレーターになったニキビ跡など。

今回の「IPL治療」は、赤茶色に色素沈着したニキビ跡に効果的で、ニキビ跡を消してくれる治療です。

ちなみに、クレーターのニキビ跡の治療は「フラクショナルレーザー」という治療になりますので、こちらをご覧ください。

フラクショナルレーザー
クレーターのニキビ跡を治すフラクショナルレーザー【本当に効果はあるの?】 MIYA こんにちはMIYAです。 僕は8年間、重症ニキビとニキビ跡で悩んでいたのですが、メディアージュクリニ...

もし今現在、重度のニキビ、ニキビ跡で悩まれている方で治療をしたいなと思っている方は、ニキビ跡を消すより先に「ニキビを出来にくくする」事が大事なのでこちらの記事からご覧ください。

重症ニキビ治療PDT治療
繰り返すニキビを治すPDT治療【重症ニキビ完治の近道】僕が8年くらい悩んだ重症ニキビを治してくれたのは、とある治療のおかげでした。その治療というのが「PDT」と呼ばれる治療です。このPDT治療のおかげで、ニキビはできにくくなり、健康な肌へと変化しました。今回は、PDT治療がどんなものなのか、詳しく説明したいと思います。...

 僕は「PDT治療」のおかげでニキビ自体は出来にくくなったのですが、元々の顔の赤みや無数のニキビ跡はまだ残ったままでした。

ということで、「PDT治療」が終わった次の週くらいからニキビ跡の治療の「IPL治療」を始めました。

結論から言うと

ニキビ跡も治ります。

MIYA

ケシミンクリームやいろんなことを試したけど治らなかったニキビ跡が改善されました。

では「IPL治療」について、僕の体験談を含めて説明していきます。

IPLとは?

IPL(intense pulsed light;インテンス・パルス・ライトの略)とは、レーザーのように単一の波長だけではなく、およそ500nm〜1000nmの広波長域の光のことで、この光をニキビ跡を含む皮膚全体に照射するのがIPLニキビ跡色素治療です。 IPLの中にはメラニンを吸収する波長や赤色を吸収する波長、水分を吸収する波長などの様々な波長を含んでいます。


これを皮膚に照射すると皮膚のメラニンを吸収しシミやくすみを改善したり、ニキビ跡の赤色に反応しニキビ跡を薄くする効果が期待できます。特にニキビ跡に対してはIPLが推奨される理由があります。通常のシミであればメラニンに反応するQスイッチレーザーで一度で改善させることができますが、ニキビ跡の場合はレーザーを用いて一度で改善させることはできません。なぜならニキビ跡は炎症の影響でメラノサイトが活性化されている状態なので、そこに出力の強いレーザーを照射することでさらにメラノサイトの活性化を促し、逆にニキビ跡が濃くなってしまう可能性があるからです。


IPLは表皮の色素は吸収するもののメラノサイトには刺激を与えないので、ニキビ跡が濃くなってしまう心配はなく、徐々に全体のニキビ跡を改善が期待できます。またIPLが皮膚の色素に反応すると熱エネルギーが生じ、真皮の浅層でのコラーゲン生成や肌のターンオーバーを促進させます。するとニキビ跡の改善をさらに早めたり、毛穴の開きや肌のキメの改善効果、ニキビの再発を抑える効果も期待できます。

引用元:https://www.mediage-daikanyama.jp/menu/ipl/

簡単に説明すると

黒色や赤色に反応する特殊な光を照射することで、黒いシミ、赤茶色のニキビ跡を薄くしていきます。

その他

  • IPLによって増えたコラーゲンが肌の水分をキープ。
  • 水分保持力がアップし皮脂分泌をコントロールする。

MIYA

肌の水分、皮脂のバランスが整うと皮脂の過剰分泌を防ぐのです。

どんな人にオススメ?

ではこの「IPL治療」、どんな方が行うのがオススメなのか、まとめました。

  • 赤ら顔を治したい
  • なかなか治らないニキビ跡を治したい
  • 美白したい
  • 肌にハリがほしい

といった方にオススメです。


特にニキビ跡や赤ら顔に悩む方にはとても効果的です。

そもそもニキビ跡ができる原因は?

そもそも、ニキビ跡ってどうやって残るかご存じですか?

MIYA

普通の傷跡とかより頑固でいつまでたっても消えないですよね。

それにもちゃんと理由があるんです。

まずニキビが出来ると、毛穴で炎症が起こり、細胞が破壊され、毛穴が大きく変形します

すると、それを改善しようと身体の「自己治癒力」が働きます。


その時栄養を運ぶために、毛細血管が一時的に増勢します。

MIYA

毛細血管の栄養で毛穴を修復しようとする働きですね。


毛細血管が、炎症をおこしたポイントに集中するので赤い跡ができます

それに加えて、炎症が起きたところは、細胞を守るためにメラニンを過剰につくるので炎症後の色素沈着が発生。

メゾンくん

これは日焼けのメカニズムだね。

つまり


毛細血管の赤みメラニンの黒い色赤みや赤茶色のニキビ跡

となるわけです。

ある程度、炎症がおさまったら、メラニンは表皮のターンオーバーなどで引いていきます。

毛穴の修復も終われば、多量の毛細血管も引いていくので長い目でみれば理論上、ニキビ跡は消えます。

ギモンに思う人

ではなぜ、なかなか消えてくれないの?

原因は繰り返すニキビです。


一度炎症を起こして変形した毛穴は、正常な毛穴よりも皮脂や菌が溜まりやすくなります

なので一度、炎症が治まっても、すぐにまたニキビが再発してニキビ跡になってしまいます。

そしてそれが繰り返されると、身体が慣れてしまって余分な毛細血管やメラニンがそのまま肌に残り、ニキビ跡もより濃くなっていくんです

だからこそ
ニキビ跡を治すよりも先に「PDT治療」で繰り返すニキビを改善し、毛穴を正常な形に整えることが大事なんです。

MIYA

もちろんニキビ跡を先にどうにかしたい気持ちは、すごくわかります!!

IPL治療にかかる費用は?

この「IPL治療」は、ニキビ跡や赤ら顔を治すのは確かなのですが、「IPL治療」もまた「PDT治療」と同じく費用はそれなりにかかってしまいます

PDTより安くはあるのですが、顔全体で1回¥30,000、1ヵ月以内であれば¥22,500です。

ちなみに僕は月に1度の治療で焼く10回程「IPL」治療を行いました。

MIYA

薄いニキビ跡は4回くらいで消えたのですが、5年くらい残っていた濃いニキビ跡が消えるまで時間がかかりました。

およそ30万円くらいの出費です。

実際体験してみての感想

2013年から「PDT治療」を始めて、治療を終えるまで1年。

そのあとに「IPL治療」でニキビ跡の治療を行いました。

PDT治療が終わっても顔の赤みと、ニキビ跡は残っていたため、すぐにでも治療を始めたいと思い、IPL治療ができる直近の日にちを予約しました。

IPL治療はPDTのように内服薬は飲まないでいいので、来院してすぐに洗顔を行い、治療する部屋へ案内されます。

治療は光治療なのですが、少し痛みがあります。

MIYA

痛みと言ってもゴムでパチっとされた感じに似ていますね。

IPLは黒と赤に反応する治療なので、ヒゲがあるところは他の部分よりも痛かったです。

MIYA

特に鼻の下が痛い。

でも耐えれる痛みでした。

来院して、IPLをして帰るまで約1時間弱だったと思います。

1回目の治療では、すぐすぐに効果は出なかったのですが

2回3回と回数を重ねていくとだんだん顔全体の赤みが薄くなってきている事がハッキリとわかりました

この時くらいから周りから

「肌がキレイになったね!」と言われるようになりました。

MIYA

本当にうれしかったです。

IPL治療期間中も、自宅ケアの「イオン導入」は続けていました。

イオン導入
重症ニキビ治療中の自宅ケアについて。イオン導入のすすめ MIYA こんにちはMIYAです。 僕は約8年間、重症ニキビとニキビ跡で悩んでいました。 しかし、メディ...

施術が10回くらいになると、めちゃくちゃ濃ゆかった憎きニキビ跡もほとんど消えていたため、それからしばらくはMEDIAGE(メディアージュ) クリニックには行っていません。

でも、長年悩んだ重症ニキビが治ったことは本当に感謝しかありません。


最初は藁をもすがる思いでしたが、信じて治療を続けて良かったと思います。

まとめ

IPL治療は確実にニキビ跡を消して肌をキレイにしてくれる治療です。

何度も言うように、まずはニキビを出来にくくする「PDT治療」をしてからの治療にはなりますが

重症ニキビが治って、ニキビ跡まで消えれば本当にストレスがなくなります。

治療をするか悩んでいる方もいらっしゃるかと思いますが、早めに治して1日でも早くニキビの悩みを解消しましょう。

MIYA

ニキビが治れば人生が変わります。

1人でも多くの方がニキビの悩みから解放されること願っています。